オンラインゲーム社会に潜む、RMT問題を考察

オンラインゲーム社会に潜む、
RMT問題を考察

インターネットの普及によって活性化された業界の1つであるオンラインゲーム、そこで日夜繰り広げられている違法行為『RMT(リアルマネートレード)』を知っているだろうか?ゲーム内のアイテムなどを現実のお金で取引する、この行為は現在まで大変問題視されている。そんなRMT問題について、このサイトではその概要などに触れながら問題点を言及するサイトである。

不正手段を持ちいて稼ぎ出す

不正手段を持ちいて稼ぎ出す

不正をするにしても、条件が必要

RMTをすることは、簡単に言えばいつでも糾弾されれば言い逃れが出来ないような行為をしていることを意味しているが、大半のユーザーにとってそれほど悪いことをしているといった感覚を持っている人は少ないと思う。自分達のしている事は別に間違っていないと、これをしなければ自分達の生活を揺るがす事態になりかねない等など、言い訳は様々だ。しかしそうした言葉も運営側の人間にしてみれば、知ったことではない。企業はあくまで顧客が満足できるサービスを提供して、少しアコギかもしれないが課金アイテムを導入して楽しく遊ぶことが出来るオンラインゲームを提供しているだけなのに、こうしたRMTを当然のように禁止している中で、顧客どうしての取引が当然のように行なわれてしまったらやはり納得は出来ないだろう。

ただここで一つ述べておく事は、こうした不正行為を行うことで最高というだけでも何百万円という額を稼ぐにしても、利用するオンラインゲームを決めなくてはならない。どんなオンラインゲームを利用しても稼ぐことが出来ると、それこそ上手い話は存在しないのだ。RMTをもしも利用することになった場合には、まずどのオンラインゲームで取引として活用するべきなのかを考えなくてはならない。当然ながら、人もそういったゲームにユーザーが集中しているからだ。具体的な稼げるオンラインゲームの代表的な特徴として、

  • ・人気作品という評判を持っている
  • ・プレイヤー数が平均して多い
  • ・botが少なく、管理が行き届いている
  • ・装備重視のシステム
  • ・レベル重視のシステム
  • ・対人戦が重要なポイントを占めている

この条件を満たしているオンラインゲームでなければ、騒がれているような額を稼ぎ出す事は事実上不可能といえる。ただそうしたところは基本的に大手となっているため、RMTそのものが禁止事項として規約に盛り込まれている事が多く見られる。中には包囲網を掻い潜ってRMTを行っているユーザーもいるとの情報もあることから、やはり人数が多いとそうした隙をぬうように不正行為に準じている人を防ぐことは出来ないのも、事実のようだ。

荒稼ぎするRMTをしているユーザー

このようにRMTを行うため‘だけ’にオンラインゲームを行っているユーザーについてだが、改めて言うまでもなくゲームを純粋に楽しむためだけにしているのではない。彼らにして見れば、オンラインゲームユーザー全員が鴨であり、彼らはそんなユーザーを食い物にする捕食者に過ぎない存在だ。ただ始めから営利目的から入るなら防ぎようはあるかも知れないが、元はゲームをしたくて始めたはずなのにいつの間にか、目的が利益を生み出すことに躍起になってしまうユーザーへと変貌してしまうことだ。後者の場合、ゲームをすることを根幹から否定する行為だというのはいうまでもないだろう。

オンラインゲームにしても、通常のRPGにしても、ゲームには必ず謎解きといった要素が絡んでくる。これは有名タイトルなども含めてそうだ、筆者もそうした部分が解けなくて正直困った事がある。そのために何度となくプレイしなくなったゲームもあるくらいだ。そんな時に活躍するのがやはり情報だ、攻略する情報、また簡単にプレイすることが出来る裏技があればそれにすがりたいと、一時期は思ったがそれなりに自分で問題を解ける年頃になって改めてそうした謎解きをゲームでしてみると、それが意外に面白かったりすることに理解できたことは大きな成果といえるだろう。

子供なら誰でもしたことがあるゲーム、その中身をプレイしてみると年代によってはどうしても解くことが出来ない問題に直面してしまうこともあるはず。そこで問題を自力で解くことを良しとする方に進むか、どんな方法を持ちいても解ければ良いと他力本願になるかで、ゲームに対する真摯さも変わってくると思う。RMTを目的としている人々にとって、既にゲームは趣味ではなく、自分が生きるために必要な生活費を捻出するための作業であるとなってしまっている。ただその方法が他のユーザーに対しての迷惑行為に発展しており、さらには現実世界における犯罪行為にまで発展してしまっては、もはやそこにゲームに対してという以前の問題に発展していく。

マネーロータリングという問題も

こうした問題は日本だけではなく、国境を越えた問題として扱われているのではとも考えられている。その一例として、マネーロータリングだ。ただこれは正確な情報と摘発されたケースが存在していないため、一概に存在していると言えない、噂レベルとなっている。ただ可能性として考えるなら十分にありえる話だ。日本国内だけでなく、第三国を含めた問題として扱われているのであれば、まずはその国にも協力を仰がなければならないなど、たやすく片付けられる問題ではない。日本が外交上あまり友好関係がない国であったら、益々難しい。