オンラインゲーム社会に潜む、RMT問題を考察

オンラインゲーム社会に潜む、
RMT問題を考察

インターネットの普及によって活性化された業界の1つであるオンラインゲーム、そこで日夜繰り広げられている違法行為『RMT(リアルマネートレード)』を知っているだろうか?ゲーム内のアイテムなどを現実のお金で取引する、この行為は現在まで大変問題視されている。そんなRMT問題について、このサイトではその概要などに触れながら問題点を言及するサイトである。

副業として進められている現状

副業として進められている現状

積極的に推し進めているようなサイトも見受けられる

RMTでは大半が不正行為を利用しているケースが多く見られると紹介したが、当然ながら大半のゲームではこのRMTは禁止行為として規約にも明文化されていることがある。この規約に逆らえば当然厳しいペナルティを受けることになる。大手オンラインゲームを監督している企業によってはアカウント抹消という最も厳しい措置を取られることもあるため、当然ながらこのRMTを進んでやろうなどといったことを表明したら大問題となってしまうからだ。ただこの問題が表面化してからかなりの時間が経過しているため、もはや完全に規制するといったこともできていない状況が続いている。

ユーザーからすれば当然賛否両論の意見が噴出している、自分たちが血と汗と涙の結晶とも言うべき長時間プレイの果てに獲得できたレアアイテムを、たかが数千円支払うことで簡単に入手するニューザーがいたら、自分達の苦労を全否定されてしまう。そんな横暴が許されるはずがないと考える人もいれば、オンラインゲームをしたいけど、そこまで時間がないからRMTを利用して高レベルのユーザーとも対等にプレイできるようになりたいと思うのは当然だと、考えている人もいるくらいだ。両者の意見で正しい方を上げるなら前者だが、後者の感情は一概にも全て否定していいモノではないだろう。ゲームをすることで普段のストレスを発散している、そんな人もいるくらいだ。中には少しくらい裏技を使ってみんなと同じ土俵でプレイしたいと、そんな風に考えている人もいると考えれば、感傷的になっても別段問題はないだろう。

ただその感情を利用するように、RMTを推進しているサイトが見受けられるのはやはり問題視しなければならない。しかも言葉巧みに、オマケに時間給に例えてまでRMTはこんなにも稼ぐことが出来るのだと紹介している所もある。そういったサイトではRMTはどのように紹介されているのか、考察してみよう。

最初こそRMTをけなしているが・・・・・・

RMTをすることによって楽にお金を稼ぐことが出来ると、そんなことを誘導しているサイトの特徴としては、冒頭部分ではRMTを利用する際に生じる不便な話といったところから始まっている。その後徐々にRMTを簡単に行えるといった話へとシフトし、あたかも他意はないと、何も世間一般で言われているような不正行為はないなどと謳っている。そこまで来ると信用味も増すかもしれないが、ある部分にあるとこんな文章があった。

・こちらを利用するには、あるウェブブラウザに登録する必要があります。

一目見ると怪しく思うこれも、前後の文脈の流れによってその疑心さを出させないような文章の中に混ぜ込んでいるところが何ともえげつない。何の疑問を持つ事のなかった人なら、そのままそそのかされて登録するためにはどうしたら良いのだろうとサイトを読み進めていってしまうかもしれない。これが非常に危険なところへと足を突っ込んでしまう可能性を内包していることを十分理解してもらいたい。

具体的な数字を示すことで

怪しい話だとしても、大体どれくらい稼げるのかとその一点だけが気になる人もいるからこそサイトを覗いている人もいるだろう。そうした人のためにとばかりに、具体的にこれくらいの値段を登録すれば稼げるんだと表現しているため、やはりやり口として考えればあまり全うな方法を唱えているとは思えないのだが、金銭的な問題に駆られている人にしてみれば喉から手が出るほど魅力的な話なのかもしれない。実入りとしてこんなものだと表現している数字を表してみると、

※以下、表でお願いします

プレイ時間 時間給 報酬金額 一日平均プレイ時間

10時間の場合 1,200円 12,000円 1時間20分程度

20時間の場合 1,500円 30,000円 2時間50分程度

30時間の場合 1,670円 50,000円 4時間20分程度

50時間の場合 2,000円 100,000円 7時間15分程度

これだけで簡単に稼ぐことが出来ると謳っている。この手段ではゲームでアイテムなどの取引をするのではなく、単純にゲームをプレイしている時間によってその報酬が決まってくるという。つまり、プレイしている時間が長ければ長いほど、高報酬を望めるというわけだ。長時間プレイしなくても最低1日90分程度プレイするだけで、時給1,200円といわれてしまえばそんなに上手い話があるのかと世間を知らない人からすればそう取れるだろう。時給だけでも世間一般の最低時給よりも圧倒的に高額となっており、ただゲームをプレイしている時間だけでこれだけ稼げるといわれたら、人によっては思わず手を伸ばしたくなるかもしれない。

冷静になって考えてみれば、そんな上手い話が転がっているわけがないと思うのが通常なのだ。ただそれも切実な状況に追い込まれつつある人、それこそ今すぐにでも稼げるようなお金を何とか作りたいと考えている人にしてみれば、藁にもすがる思いでこの手段に手を伸ばしてしまうかもしれない。こうしたサイトが横行しているが、大半が危険を誘発している、もしくは情報が欲しければ事前にこれだけの金額を支払わなければならないという、高額の情報量が求められる事が基本となっているため、よく確認しなければならない。

荒稼ぎするまでに、初期費用は数百万円前後

RMTで本格的に稼ぎたいと考える、それはいくところまで行ったら個人の自由となってしまうのだが、そうなると用意するパソコンの数は1台では事足りない。ではどれくらい用意すればいいのだろうというと、少なくても10台前後用意していなければ、メディアなどで騒がれているような数千万円に辿り着くまでにはそれだけのパソコンと、同様にアカウントを取得していなければならない。またアイテムの自動取引を行なうために用いるbotというシステムを利用する手段にしても、開発にはどんなにクオリティを下げても数十万円程度の開発費用が求められる。

これでわかると思うが、稼いでいる人とはそれに見合っただけの初期投資をしているからこそ、騒がれているような額を稼ぐことに成功しているということだ。世の中本当に甘くない、仕事をしないで稼ぐ手段を探すためにはどうしたらいいのかと考えたら、まずはそれに見合っただけの投資が必要となるのを見落としてはいけない。