オンラインゲーム社会に潜む、RMT問題を考察

オンラインゲーム社会に潜む、
RMT問題を考察

インターネットの普及によって活性化された業界の1つであるオンラインゲーム、そこで日夜繰り広げられている違法行為『RMT(リアルマネートレード)』を知っているだろうか?ゲーム内のアイテムなどを現実のお金で取引する、この行為は現在まで大変問題視されている。そんなRMT問題について、このサイトではその概要などに触れながら問題点を言及するサイトである。

斡旋しているようなサイトには注意を

斡旋しているようなサイトには注意を

犯罪の温床となっているところには近づくべからず

RMTというものを利用することによって現実的に収益を挙げる事が出来る、などと謳っている、もしくはゲーム内に存在しているアイテムなどを買うことが出来るなどと紹介しているサイトは現在でも見かけることが出来る。それを利用すれば規約違反にはならないだろうなどと考えている人もいるかもしれないが、RMTをした時点で運営側の方針に逆らっているのだということを理解しなければならない。あたかも当然のようにRMTを推進しているサイトを見かけた際には、鵜呑みにしないで貰いたい。

ゲームそのものの存在を揺るがしかねない問題であるRMTを、いまだ行っている個人や業者といった存在を受け入れても何もいいことはない。こうした活動をいまだ平然と行っている業者、オンラインゲームをしている健全なユーザー全ての敵であり、人によっては駆逐されるべき存在であると述べている人もいるほどだ。RMTを利用すればこんなにも得をするなどといって、RMTがこんなにも凄いものだと誇張した言い方をしている所もある。今や市場としての規模が縮小されてしまっている中で、何とかしてかつての栄光とまでは行かないにしても、ある程度RMTの需要を増やしたいなどとよからぬことを企てている人もいるはずだ。

そうした意味でも、RMTは撲滅させるべきだという意見が集中している。特に業者が紛れ込んでしまえばそれらはパンデミックの如く、ゲーム世界を蝕んでいってしまう。

ゲーム世界の秩序を維持するためにも

RMT業者といわれる集団は1つの会社として形成されている場合もあり、そうなると何十台といったパソコンを駆使して、アカウントを様々保有していることも考えられている。簡単に言えばオンラインゲーム上でのやり取りを現実のお金に換金することで利益を上げている、悪質な企業の1つといえる。RMTをしている時点で健全もクソももない、会社の形としてあるまじき姿を形成しているケースが多く見られている。オンラインゲーム上で出来る事はなんでもしており、それが例え規約に違反していようが何であろうが関係なく、行っている。

そんなことをしていたら当然、オンラインゲームの根幹を揺るがす事態にいつでも問題が浮上することになる、それだけは間違いなくいえることだ。そんな事が横行しているとオンラインゲームにもたらされる影響として、

  • ・ゲームシステムの一部制限
  • ・一般ユーザーが負担しなければならないコストの増加
  • ・システム負荷の増大
  • ・不正行為が蔓延することによる、ユーザー離れ

といったような事が引き起こされてしまう。RMTを斡旋しているような業者にとってこうした問題は瑣末なことであり、一般ユーザーがどのようなことになったとしてもお構いなく、自分達の利益を獲得することが出来ればいいのだとする考え方を持っていると認識して問題ない。

自分達の利益を獲得するためにはなんでもするのがRMTを仲介している業者の特徴でもあるが、そうした業者の中で最も悪質な例として上げられるのが、斡旋させられる形で利用した人間を、その後脅すといった行為を平然と行うこともあるという。

RMTを利用後に巻き起こる、GMからの通報を装って

RMTの利用を無事に終了できたとしても、一番面倒なことになりかねないのはその後に起こるかもしれない展開を危惧する必要がある。RMT業者によるアカウント売買の話へと転換させられてしまうといった事態だ。売買をする際に、利用しているアカウントではゲームマスターから連絡を受ける可能性があるため、安全のために売ったアカウントを一度返してくれないかという質問をされたという経験がある人ももしかしたらいるかもしれない。まず、アカウントRMTで容疑がかけられているのならゲームマスターではなく、運営会社から登録してある住所やメールアドレスに、直接連絡が行くはずだからだ。この時点で怪しいと思えるならまだいいが、その話を本当に信じてしまったら買ったアカウントを返しても、その後戻ってこないという詐欺被害にあってしまうといったケースもあったという。常套手段ともいうべきだろうが、RMTをしている容疑が掛けられているなら真っ先にアカウントを凍結、もしくは永久剥奪などという重い処罰が運営側から課せられるものだ。それがないという時点でこの話は限りなく黒に近いグレーゾーンであると見ていい。

こうした事態に直面した場合には、毅然とした態度で証拠を求めるといったことをする必要がある。前提としてRMTをしている時点で共犯者であり、それがばれてアカウント一時停止となったとしても、自身の情報を乱用されることなく、通報してそのような処置をとられた方が断然ましだろう。元はゲームを楽しくプレイするために始めたはずなのに、たった一つの間違った選択をしてしまったがために、オンラインゲームの1つを楽しめなくなってしまったのでは、悲しすぎる。後にも先にもRMTをして得をするのは詐欺行為だとわかっていながら行っている業者だけで、利用する側にはアイテムという物を獲得できなければ、何も残らない。そう考えれば利用するにしても、公式で行われているRMTでお金を使ったほうがいいだろうという意識に傾いた方が良いといえる。

しないことに越したことはない

RMTという手段を用いれば確かに時間のない人でも、簡単に同等の時間素をプレイしている人と対等に遊ぶことが出来るアイテムなどを獲得できるかもしれないが、損をするのは誰でもない自分だ。そのことを考えると、現実のお金を払ってまですることだろうかと疑問に思ってほしい。またRMTによって生計を立てることを考えるなどという人も、増加しないことを祈りたいところ。本来ならゲームは誰もが楽しむ事の出来る、平等なものであるという根幹を破壊するような事だけはするべきではない。

ましてや、今では大半のオンラインゲームでRMTそのものを禁止しており、利用している事が発覚すればアカウント停止、または永久的に剥奪されてしまうといったことになってしまうからだ。ゲーム本来の楽しみ方を忘れず、一からコツコツと積み上げることがゲームの醍醐味であることを改めて自覚してもらいたい。