オンラインゲーム社会に潜む、RMT問題を考察

オンラインゲーム社会に潜む、
RMT問題を考察

インターネットの普及によって活性化された業界の1つであるオンラインゲーム、そこで日夜繰り広げられている違法行為『RMT(リアルマネートレード)』を知っているだろうか?ゲーム内のアイテムなどを現実のお金で取引する、この行為は現在まで大変問題視されている。そんなRMT問題について、このサイトではその概要などに触れながら問題点を言及するサイトである。

何をもってしてRMTはダメなのか

何をもってしてRMTはダメなのか

問題が表に出始めた頃から、解決が見えない堂々巡りだった

こうしたオンラインゲーム業界における課題でもあるRMTの問題を解決するにはどうしたらいいのかという点について、考えれば考えるほど答えを探し出すことは出来ないといえる。それもそう、先にも紹介したように法規制を設けるにしても、ゲーム根幹を揺るがすアイテムなどの取引が行なわれていない限りは、取引を行なったユーザーがその後にプレイを円滑に進めることができるという、不特定多数に対して何らかの悪影響をもたらすといったことにはならない。もちろんそれだけで納得できるほど人間の思考は簡単には構築されていない上、感情というものを備えていると不平不満といった負の面を抱えることだって頻繁にあるからだ。だが個人の感情を汲み取るといったことを一々していたらキリがないのも事実、だからこそ運営会社が出来る事は企業として運営して行く上で師匠をきたさないようにするといった防止策を敷くことしか、手段を講じることしかできない。これが企業が出来る限界であり、ユーザーとしても納得せざるを得ない部分となってしまっている。

いくらRMTが不正行為を利用した現実のお金による商取引を行っているからといっても、法律的に問題ないと定められてしまっては国家としての権力が介入することは出来ない。ゲームを管理している企業として、オンラインゲームの約款にてRMTそのものを規制したとしてもそれではいっ、終了するといったこともまずない。現に今こうしている間もオンラインゲーム上でRMTを行っているユーザーはいるだろうし、またその数は年々増えていると見ていいかも知れない。

ただあからさまに詐欺と思わせるようなサイトも確認できるため、正直業界模様としてみた場合には決していい方向へと傾倒しているとは言えない状況となっているのも事実だ。だがそんなRMTをあえて認めることによって成功を果たしたオンラインゲームも存在しており、新しい事業としての進化を発揮するようになった事例も存在しているという。良くも悪くも、RMTというものが様々な方向でその注目を集めている事が理解出来る部分でもある。

単純にRMTを規制するだけでは意味がない

法律的な対策が講じられないからこそゲームを運営している会社が積極的に規制に動くべきだと考えられているが、一時期はそうした動きを見せてしまうとさらにRMTを助長させてしまうと考えられていた時期もあった。RMT自体を制限するにしてもまずはそうした方法を緩和するため、感情論だけで唱えるような規制を敷く事だけはだめだというのは運営側としても、それは分かっていた。またむやみやたらと規制を敷くことによって、暴力団が背後にいるRMTを行使する集団の行動を斡旋するような展開も招きかねないため、ルールを新しく設けるにしても守れるルールでなければならないといったような、考えなければならない部分が多々見受けられる。

そもそもこうした問題が発生する理由として挙げられるのは、オンラインゲームとしての特性上であまり資金やアイテムの獲得、そしてレベルを上げるといった事が効率よく行うことが出来ないのも、欠点だと考えることが出来る部分でもある。オンラインゲームは通常のゲームのようにゴール地点というべき物が明確に存在していない、そのため好きなようにプレイしているスタイルが中心的であり、時間の使い方もそれぞれだった。そうした平和的な考えを持っていたのも、日本が本格的にインターネットというIT技術を導入し始めた2000年代初頭頃になる。

この頃もまだそこまでRMTというものを問題視するような意見が良く見かけられたわけではない、それこそオークションでアイテムを販売するやり方を用いることで取引を行なっているのが主流だった。これならまだアコギに荒稼ぎをしているといった印象はなく、まだ穏便なほうだったと見ることが出来るが、それが徐々に悪質な方法へと還元されていったために、オンラインゲームにおける負の歴史として刻まれることとなる。

過度な行為はさすがに規制しなければならない

個人間のやり取りだからこそ規制できないというのも確かにあるが、それ以前に普段中々獲得することが出来ないレアアイテムなどが出現する場所でのbot投入による乱獲、また他のユーザーがいるにも関わらず横から当然のように掻っ攫ってしまうといったやり方についていうなら、見過ごす事の出来ない問題だ。そんな横暴すぎるやり方を当然のように受け入れるような見方をしてしまうのは明らかに他のユーザーが行う健全なオンラインゲームのバランスたる秩序を著しく乱しており、崩壊を誘発することになってしまう。

これは言うなれば根幹を揺るがすような事態だからこそ、運営会社としても規制に動かなければならない。もしこれで放置しているようなオンラインゲームなら健全なユーザーは離れてしまい、最終的に廃れてしまうことになる。

どうして中国では数千円でもねらい目なのか

日本人から見る数千円のRMTによる詐欺で泣き寝入りしてしまうケースが多く見られるが、これが中国人ユーザーにしてみれば事件性として扱われないことを良しとする動きがある。当然だ、日本円で数千円となれば中国元に換金すれば非常に美味しい商売だからだ、だからといって詐欺行為を肯定しているのではなく、中国人のオンラインゲームユーザーにしてみれば、RMTを利用する事は日常茶飯事となっている点に注目して欲しい。物価水準が異なる中国において、日本のオンラインゲームで行われるRMTはまさに鴨が葱を背負って現れたというところだ。そのためbotを利用することにもなんと文化として寛容に見なされているため、使用することに何の躊躇いもないといっていい部分もある。

こうした点もまたオンラインゲームのRMT問題に携わるところであり、そして規制するにしても海を越えた国だからゆえの解決策を見つけるなどといったことも容易ではない。国を超えた文化の違い、そして国際法という名の制限も課されていないことを加味すると、RMT問題を考えたらキリがないと言われているのが良く理解できるはずだ。